常住誠一さん「ダイエットしないで痩せるたった一つの方法」ってどんな内容? 概要

この記事では、常住誠一さんのダイエットマニュアル・「ダイエットしないで痩せるたった一つの方法」の感想を詳しく書いて行きますね。

今、あなたがこの記事をご覧になってるということは

読者疑問

ダイエットしないで痩せるなんて一体どんなダイエットマニュアル? 本当に買っても大丈夫?

というような疑問を持っているからではないでしょうか?

 

ネットでも
「このマニュアルは買う価値がありますか?」
という質問があがっています。

 

私は3年前にこのマニュアルに興味を持って買ったことがあるので、一読者としてこの記事をつくることにしましたよ。

 

それでは概要を見ていきましょう!

 

マニュアルは本編、特典がひとつのPDFでまとめられており、全160ページ。ダウンロードか配送かが選べます。

内容はトレーナーさんの視点でまとめられた非常にまじめなものでした。

 

マニュアルのタイトルには「ダイエットしないで痩せるたった一つの方法」とありますが、結構多岐にわたりあれこれと書いてあります。

というのもマニュアルの「おわりに」では

とあり、一言でまとめれば2行半のシンプルな方法なんだけど、どうすればできるのか具体的に書いていったら160ページほどになりましたよ、という主旨の話が書いてあります。
このため、「シンプルにたったひとつの方法しか書いてないんだろう」、例えば
「○○だけすればよい」とか
「○○だけ食べればよい」
という方法を求めている方からすると、

 

「いろいろやることがあるじゃん!?」

と混乱する恐れがありますので、そこは注意してください。

 

例えば恋愛でも同じだと思うんです。

意中の彼と初めて週末にお泊りでデートすることになったとします。

 

楽しい時間を一緒に過ごしたい。もっと自分を好きになってほしい。

 

求めていることはシンプルですが、そのためにはどこに出かけるのか予算などを考慮しながら、たくさんある候補のなかから決める。

出かける準備だって男性と違って女性はお化粧したり、やることは結構いろいろ出てきました。

デート中どんな会話をすればいいのか!? あれこれ頭の中でシュミレーションする人もいるかもしれないし、可愛い女性に思われるにはどんなことに注意をすればいいのか、友達に聞いたり、ネットで調べたりするかもしれません。

下着や服を新しく買う人もいるかもしれません。

物事って、目的はシンプルでもやることは結構あったりするものです(^-^)

 

さて。話を元に戻しますね。
内容の見どころは大きくは以下の3つに分けられます。

  • モチベーションを維持する工夫。
  • 筋トレしなくても日常生活で筋肉を養う方法。
  • 食事管理。

正確には筋トレの内容もあるのですが、この個所はあまり参考になりません。詳しくは以下で話します。

 

過度の肥満やケガなどで運動ができない方、あるいは運動する時間がほとんど取れない方、運動が大嫌いな方にマッチした内容です。

ダイエットに何回も失敗した人には、身体のメカニズムを解説した個所が参考になるかと思います。

 

以上が概要でした。詳しくは、このままスクロールして読んでくださるとうれしいです。

常住誠一さん「ダイエットしないで痩せるたった一つの方法」ってどんな内容・ネタバレ?

先ほど内容の見どころは「モチベーションを維持する工夫」「筋トレしなくても日常生活で筋肉を養う方法」「食事管理」の3つに分けられると書きましたので、項目ごとに感想を書いていきます。

モチベーションを維持する工夫

ここの個所は秀逸だと思います。

マニュアル内の「心」編では

  • マインドセット
  • モチベーション

とあり、マインドセットで適切な体重はどうやってわかるのか?について解説。男性がどういった女性の体型を支持するかのデータも交えています。

 

漠然とただ単に体重が減ればよい・・・という根拠のない感覚はズレていますし、科学的な根拠や心理学的な根拠をもって正していこうという内容になっています。

 

このマインドセットは大切です。

痩せるテクニックの前にまずは現在の自分のマインドセットを知り、変更が必要でしたらバージョンアップさせていくとよいです。

 

というのも、私は「みんちゃれ」というアプリでダイエット仲間をつくり、毎日体重や運動・トレーニングなどを報告し合っていますが、日々の体重の変動で悲しむ方は多い印象を受けています。

体重が増えて落ち込み・・・ならまだわかるのですが、昨日と体重が変わらないと落ち込む人もいます。

 

落ち込む分、今日という貴重な一日が楽しくなくなるので損しちゃいますよね!

 

これは私の直近の体重の1週間のグラフです。

これだけ見せられても、太るんだか痩せるんだかよくわからないですよね?

 

しかし、6か月のグラフにすると、こうなります。

体重って上がったり下がったりするし、長い目で見ればいいのかな?ということが分かるかと思います。

 

体重の増減にあまりに一喜一憂してしまうと、ダイエットでストレスが溜まりますよね。
まじめになりすぎない。深刻にならない方がいいです。

マニュアル内では、

サボること=悪いことでなはく、サボること=「望む結果を得るための行動」をしている人だけが受けられる、お得なサービス

と考え、賢く適度にサボってくださいと推奨していますw
次のモチベーション維持の工夫が、またいいです。

公式サイトには

スマホをいじってるだけ!? 知らないうちに痩せやすい体を作る方法

とありますが、確かにインパクトは大きいです。
ちなみに、何か秘密のアプリを紹介するなどではありません。

 

スマホでできる活用方法が4つ紹介されています。

  • ○○画像活用法
  • △△メモ活用法
  • ケータイ××活用法1
  • ケータイ××活用法2

です。

 

現在、私は「ケータイ××活用法1」と「ケータイ××活用法2」を実施中です。

(「○○画像活用法」はやってみましたが、自分にはそれほどインパクトがありませんでした。「△△メモ活用法」は今後の取り組み事項にとっておいてます)。

特に「ケータイ××活用法1」はやばいと言えるほど効果的です。

コレやってみて思ったのですが、ページ内の最後の2行で書かれてる注意点は絶対守るべし!です。

 

チュニックやTシャツ、ダボッとした服ばかり着ている人って、腰回り、腹回りが目立たないため、ハッキリ言ってあまり自分の体型を正しく認識していません。

下着でも水着でもいいです。ユニクロのヒートテックの服も身体にピタッと貼り付くので使えます。

身体の線がバッチリ出る物でどうぞ! お試しください!!

 

ここまで書くともうネタバレに近いので切り上げます。

ポイントは目から入る情報は脳に非常に強いインパクトを与えるという点です。

なので、「一口だけでもいいから食べたい!」という目の前のお菓子をガマンすることができるようになります。

「お菓子ガマンすると痩せるよね?」という理屈・説得の本を100冊読むより、目に入る情報をコントロールする方が脳にガツッと効くということなんです。

 

「人は見た目がほとんど」という話があります。

ぱっと見た目でその人がどういう人か、あなたはかなり正確に見抜いているハズですよ。

 

太古の昔から人は自分が出会った目の前の人が「敵になりそうか?」「味方になりそうか?」を判断してきて、それに成功して生き抜いてきた先祖の遺伝子を受け継いでいますからね。

見た目は非常に大事で、これを利用して脳をコントロールいきましょう。

日常生活で筋肉を養う方法

 

特別、運動しなくても大丈夫というコンセプトで作られた内容です。

日常生活のある動作を少し変えることで、筋肉を普段よりもちょっと余計に使います。
その結果、筋肉が養われ、消費カロリーも増えるので、痩せやすい身体になっていきます。

  • ○○するだけで消費カロリーが2倍になる方法
  • △△するだけで下腹と太ももが細くなっていく方法
  • ××しただけで基礎代謝が2.3倍になり、美しく見られる方法
  • □□しているだけで、体が痩せていく方法
  • ただ◎◎を逆にするだけで痩せやすくなる方法

・・・

などが紹介されています。

○○や△△などの記号のところは全て日常生活で私たちが行っている動作です。

 

私は3年前にこのマニュアルと買ったときに、
「本当にこんなちょっとしたことで痩せるのかな~」
ぶっちゃけ疑っていました。

 

疑いつつも
「△△するだけで下腹と太ももが細くなっていく方法」
「ただ◎◎を逆にするだけで痩せやすくなる方法」
をやってみたんですね。

 

たったこれだけで2週間で2キロ痩せました。

 

「△△するだけで下腹と太ももが細くなっていく方法」
☆☆と■■をくっつけるというのがキモです(それだけではないですが)。確かに筋肉が育つハズです。

家でも職場でもできるし、回りの人からはバレません。仕事しながらこっそりダイエットですw

 

と書くとメリットばかりのように思えますが、残念な点もあります。これはさすがに一日中は出来ないという点です。

 

ですので、電車(バスなど)に乗っている間だけとか、デスクワーク時に5分だけとか、なにかマイルールを決めるといいですよ。

あとは日常生活のなかでやるので、ついつい忘れちゃいがちなんですね。

時間を決めてやる。条件を決めてやる。で続けてほしいと思います。

 

「ただ◎◎を逆にするだけで痩せやすくなる方法」

人の動作ってどうしてもクセがあるのでそのクセを取ることで、骨格のゆがみを治していく方法です。

 

しかし日常のなかのちょっとした工夫で本当に痩せるということが体験できました。

疑いが晴れて良かったです。

あとは、

  • 取り組む方法を増やす。
  • 一日のなかで行う頻度を増やす。

という努力を続けることで、さりげに筋肉が養われていくハズです。

 

ジムに通い始めたわけでもない。特別付き合いが悪くなったわけでもない。

一見、ダイエットしているようには全然見えないのに段々ほっそりしてきたら?

ズボンのサイズでも変えようものなら体型が違うのが一目瞭然です。

 

子供の授業参観、入学式や卒業式で今まで着れなかったスーツが着れたらうれしくないですか(*´∨`*)

同じ服を着ていても腰やヒップのあたりがスラリとしていたら、印象も全然変わって見えます。

例えば私の写真なんですがこんな感じです。


腰回りがパンパンにはちきれそうで、ウエストのところにシワがよってます。お尻もズドンとしているのが服の上からモロわかり(恥)

2.3kg痩せると・・・。


腰回り、お尻が最初の写真よりはスッキリしています。

 

日常生活でちょっとした工夫を続けるだけでいいです。慣れてくれば段々できる取り組みも増えて効果はさらに上がっていくと思いますよ。

食事管理をする

上記の筋肉を養う方法で痩せることはできます。

しかし劇的に別人?のように体型を変えるためには、やはりここにメスを入れないとダメだと思います。

 

<<重要>>それが食事管理です!

 

私が3年前にこのダイエットマニュアルを買って「△△するだけで下腹と太ももが細くなっていく方法」と「ただ◎◎を逆にするだけで痩せやすくなる方法」で2週間で2キロ痩せましたが、それ以上は痩せませんでした。
その原因は、食事の方を何一つ変えなかったからだと思うんですね。

 

やはりあなたの一日の摂取カロリーを算出し、その範囲内で抑えることが必要、ということがわかりました。

ズバリ言いましょう

結局のところダイエットに王道なし! もちろん魔法もないよ

 

とはいえ、あまりにストイックになる必要はなく、

  • 食べながら痩せる方法
  • お酒を飲むならこの方法
  • 間食をなくす方法

などが紹介されています。

 

食べながら痩せる方法は、人の身体のメカニズム自体、私は知らなかったので非常に参考になりました。

 

お酒はもともと飲めないのでスルー。お酒が好きな人は読んで上手にお酒と付き合ってほしいです。しかしこの個所は特に目新しい情報はないように感じはしました。

 

間食をなくす方法は、ひとつは参考にならず(日常生活に生かせないという意味で)、ひとつがすごく効果的でした!
もし間食したくなったら、□□をすれば一発でその「食べたい!!」という煩悩が消え去る方法でした。

 

摂るべきカロリー内に収めるという話は納得はするし、よく聞くあるあるな話ですよね。

ところが、実際問題、食べるたびに、これは何カロリー、あれは何カロリーと調べてカロリーを計算していくのも続けるのが大変です。

私の場合は「あすけん」(有料版のほう)というアプリが便利で一時期使っていましたが、それでも途中で挫折しました。

 

私みたいな続かないタイプの人は、いっそ特典4の「食べ方マニュアル」にある「カウント式食事法」はいいかもしれません。

 

あれこれ調べず、考えず、記録もせずもう思い切って、○○の数だけ数えればいい!という方法です。

こちらもやってみたら感想を追加しようと思います。

常住誠一さん「ダイエットしないで痩せるたった一つの方法」でなぜ痩せるのか?その理由とは

なぜ急に痩せようとしてはいけないのか? どのくらいのペースで痩せれば大丈夫なのか? 生理学に基づいた考え方が書いてある

新聞の折り込み、雑誌の広告などで、短期間で別人のように痩せたビフォアー・アフター写真をご覧になったことはないですか?
※↓ 加工写真にしか見えません><


3.5か月で26kg 痩せた例!?

 


左から60日で60.7kg、45日で39.6kg、30日で28.5キロ 痩せた例!?

 

この2つの広告がどういうダイエット方法なのか私は詳しくはわかりませんが、ダイエットマニュアルを読むと、成功するダイエットの減量ペースから思い切りはずれていることがわかります。この極端すぎる減量ペースだけでNGかな。

 

「なるべく早く痩せたい」
「なるべくたくさん体重を落としたい」

という女心を利用してカモにする業者もいるので、ダイエットで順調に痩せるための知識をこちらが持っておかないと、カモネギにされちゃいます(泣)

 

ハイ。それでは本題に入ります。

 

常住誠一さんのダイエットマニュアル第2章「体」編では、私たちの体にはホメオスタシスという機能があるとまず書いています。

ホメオスタシスとは高校の生物の授業で習ってると思いますが、ざっくり言うと「体をある一定の状態で保とうとするメカニズム」のことです。

 

例を挙げましょう。
ある日、あなたが「ダイエットに本気で取り組むぞ!」と決意し、摂取カロリーを急激に減らし体重もみるみる落ちたとします。

 

するとあなたの体は「ダイエット中だから当たり前だ」ではなく、「飢え死にするかもしれない! このままでは危機だ。何か手を打たねば!!」と判断してしまうのです。

体は飢餓状態だと認識するので、結果食べ物から最大限カロリーを摂取し、ためようとするんですね。言い方を替えると「太りやすい体質」になります。

これがホメオスタシスの働きです。

 

このとき、うっかり摂取カロリーを元に戻すとどうなるか?

体の方は太りやすい体質に切り替わっているので、今度はみるみる痩せた分、みるみる太ります。

これがリバウンドのメカニズムで、すでにご存じの方も多いと思います。

 

ホメオスタシスを発動させないよう、徐々に摂取カロリーと体重を減らすのが効率がいいと言えますね。

  • では体重の場合はどのくらいのペースで落とせば安全か?
  • 摂取カロリーの場合はどのくらいのペースなのか?

が、マニュアルでは具体的に例を挙げながら詳しく解説していますよ。

 

常住さんのクライアントさんで体重101kgを48kgにした方がいらっしゃるそうです。
53kg痩せましたが、この方は12カ月かけて痩せています。

1カ月に体重の◎%以上は減らさないのがコツなのですが、常住さんのトレーナーとして多くの女性を指導してきた経験上●%でも大丈夫かな・・・という目安があり、そちらのスケジュールで減量していきました。

マニュアルには詳しく一か月ごとのスケジュールが書いてあります。

 

こうした激やせチラシに惑わされることなく、ホメオスタシスを敵に回さず私たちはジワジワと痩せていきましょう!

停滞期についてわかりやすく解説している

 

このマニュアルでは、「リバウンド」と「停滞期」の違いについても解説しています。

停滞期の方も、ホメオスタシスが原因のひとつとなって起こるんですが・・・と書くと、アレ、なんだかリバウンドと似てますよね。

でも停滞期はリバウンドとは違います。

停滞期の方は運動なり食事管理なり努力はしているけど、ホメオスタシスが機能しており太りやすい時期になっているんですね。ところが、徐々に体の方は痩せている状態が普通だと認識してくれます。

ちょっとタイムラグがあるだけなんです。これが停滞期の正体。

体にはホメオスタシスがあり、あまり急な変動は受け付けない。そこを痩せさせようとするのですから、どんな人でも停滞期は必ずやってくるし、あきらめなければ必ず乗り越えられます。

 

こうした話がトレーナーさんの視点でわかりやすくキチンと納得させてくれます。

 

そうとは言っても実際に停滞期が訪れたら、
「今私のやってることって本当にいいのかな?」
とついあせってしまいますよね。

 

そういう時ほど

「○○を見てください」とのアドバイスがあります。

実に簡単なことなんですが、重要なポイントだそうですよ。

目標設定、モチベーションの継続に、心理学的に効果のある工夫を紹介している

目標設定についてです。

マニュアルの一番最初には、まずマインドセットの話が出ています。

「あなたはなぜ痩せたいのですか?」

という問いかけから始まります。

常住さんによると、1500人以上のクライアントさんたちにこの質問をすると、大体

  • 「大好きなスィーツをいくら食べても太らない体質にしたい!」
  • 「体重がありすぎて膝や肩、腰が痛いから、せめて標準体重にしたい!」
  • 「自分の体型に満足してないから、もっとキレイな体型になりたい!」

の3つになると言います。

ところがこの3つはゴールではなくて、スタートだそうです。

それらの願いの先のゴールは・・・

 

ここからはネタバレになるので書けないのですが、意外な内容でした。

特典1「あなたのやる気を10倍にする魔法の決断シート」にも、このポイントが盛り込まれています。

もしあなたに密かにでもいいから「好きな○○」がいたらもう最高ですね!!

即効使えます。

 

モチベーションの継続については前述しました。目に入る情報をコントロールすると効果的という話です。

常住誠一さん「ダイエットしないで痩せるたった一つの方法」を効果的に使い倒すポイントはこの2つ

<<重要>>情報をいったん整理し、何に取り組むのかを決定する。

常住さんのダイエットマニュアルは160ページもあります。

 

常住さんによると
「完璧主義になるのもよくないです。できるところから行ってください」とありますが、1回読んだだけでは何から手をつけていいのかわからなくなるかもしれません。

 

マニュアルにマーカーで色をつけてもいいのですが、おそらくマニュアルを毎日手に取るわけではないですよね。

マーカーで色をつけて、そのままになる可能性があります。

 

そこで私がオススメするマニュアルの使い方なんですが、

  1. マニュアルを読むときに紙とペンを用意します。
  2. 出てくる行動を箇条書きでメモを取ります。

考え方もメモしてもよいのですが、シンプルに行動をメモするとよりやることが明確になります。

この行動項目の書き出しによって、よりマニュアルが頭にインストールされます。

 

※私は字が汚いのでエクセルで表化しましたが、手書きでも全然構わないと思います。

メモができたら、自分ができそうなものをチェックして、何を実行するのか、何を実行しないのかをハッキリ決めます。

 

習得したい習慣が身に着いたら、別の行動に取り組むとよいです。

あれこれ欲張らないことと完璧主義に陥らないこと、そしてストレスを溜めないことが長続きの秘訣です。

トレーニング紹介がわかりにくい。思い切ってストレッチ(2か所)だけに的を絞る

常住さんのダイエットマニュアルの最後には、ルームトレーニングが紹介されていますが、実は

読者が必要と思えばやっていいし、不必要と思ったらやらなくてもいいそうです。

トレーニングの頻度種類も読者にお任せになってます。

どのようにするのかも写真と解説文から判断してあとは自由でOKとのこと。

トレーニングについては、かなり読者に丸投げされてます。

さらに、トレーニング解説の写真が小さいんですよ。

A4サイズの紙でプリントアウトしたのですが、1枚のなかにこれだけコチャコチャと詰め込まれています。

「ちょっとどうよ?」と私は思いました(率直すぎてスミマセン)。

あとは「これは無理では?」という難易度の非常に高いトレーニングも載っています。

 

常住さんもやらなくてもいいと明言されてますので、ここでつまづくくらいならバッサリとトレーニングは無視でいいと思います。

 

一方で、体のなかのある2か所についてはストレッチを行ってほしいと解説しています。

ストレッチが紹介されていますが、写真と説明文でできると思いますよ。

食事前後の簡単な運動も難易度が低く、写真と文章で内容が理解できるので、これもやってみましょう。

マニュアル最後のトレーニングは「わかりにくい」、一部は「難しい」ことを覚悟してください。無理して行わなくてOKです。

 

体のなかのある2か所のストレッチ、簡単な食事前後の運動などに絞ってぜひやってみましょう。

 

※余談です。常住さんが直接指導できるなら、その人にあったトレーニングを指導するのでしょうが、マニュアルはさまざまな環境、体力の方が読むので、紹介するのが難しかったと思います。

それで個人にお任せ・・・という感じになったのかな?

 

もし「運動するのは覚悟できてます」「むしろ筋トレはやってみたいです」と、あなたが考えているのでしたら、堀川さんの「デスクワークダイエット」が合うかもしれません。

体力別で何を何回するのかも全部明確なマニュアルです。

常住誠一さん「ダイエットしないで痩せるたった一つの方法」をオススメしたい人、オススメできない人とは?

オススメしたい人

  • 体重を計った時に、増えた減ったと一喜一憂してしまう方
  • 「じわじわ痩せるとよい(体重の○%以内を目安)」というメカニズムを知らないために、すぐに結果が出ないと不安になったり、腹が立ったりしてダイエットをやめてしまう方
  • いろいろなダイエット情報が流れるたびに、つい振り回されてしまう方
  • ダイエットサプリの情報が体験談付きで出るたびに、ついポチッとしてしまう方
  • 3日間、食事抜きで酵素ダイエットだけ飲んで、結局大して痩せなかった方(昔の私です)
  • 置き換えダイエットで一時的に2キロほどは痩せても、その後リバウンドしてしまった方(昔の私です)
  • 食べることに罪悪感がある方、食べてしまったと言っては落ち込む方
  • 腰や膝に痛みを抱えている、高齢である、病み上がりであるなどの理由で、運動だの筋トレだのは厳しい方

 

人間の痩せるメカニズムが毎年毎年コロコロ変わるハズがありません。

 

「こうすれば、人の体はこうなる」という原理を知りたい方(初心者)向けの、教科書代わりになるのが、常住さんのダイエットマニュアルです。

 

私はダイエット関係のサプリやグッズを買うことについては特に賛成も反対もないのですが、一度”教科書”を読んで理解してから決めた方が、お金と時間のロスが少なくなっていいのかなと思います。

オススメできない人

  • 人の体のメカニズムに詳しい方(マニュアルを読んでも、それ知ってるよ、ということになりかねないので)
  • サポートが絶対に欲しい方

値段と内容は釣り合っている?

 

これを書くのは正直迷いました。

値段と内容が釣り合っているかどうかは、結局はこのマニュアルで満足のいくダイエットができるかどうかで感じ方が変わると思うからです。

 

代金14800円なので、メールでのサポートがあるとさらによかったのにとは思います。

 

また、最近のダイエットプログラムは、非公開のサイトにログイン情報を購入者に教えるタイプのものもあります。

こうしたシステムだと何かと便利です。例えば、

  • 家のPCでもスマホ、タブレットと複数の端末でどこでもマニュアルを見ることができる。印刷物だと持ち歩かないといけません。
  • 運動などは動画で見ることができる。紙に印刷されたものと比べると段違いでわかりやすいです。
  • マニュアル制作者は追加内容等を更新させることができるし、購入者はすぐに確認することができます。

 

ところが、常住さんのダイエットマニュアルはPDFのみです。

 

サポートなし、PDFのみというハンディはありますが、もしあなたが14800円というお金を投資するならば、マニュアルを読んだだけで放置、アンダーラインだけ引いて放置になさらず、やることリストを作成してぜひ成果を出してほしいと思います。

 

サポートがない分、ひとりで継続できるかが成功するキモですよ。

 

 
常住誠一さん「ダイエットしないで痩せるたった一つの方法」のさらに詳しい情報については、下記の公式サイトよりご確認ください。ご購入も公式サイトからになります。

さらに詳しい情報を公式サイトで確認する>>「ダイエットしないで痩せるたった一つの方法」

 


問い合わせ先はコチラです。
感想など遠慮なくメールを送ってくださいね。お互いに痩せながらいいお付き合いができたらうれしいです。