この方法はお金が一切かからず、2週間で2キロ痩せました。
とても簡単に手軽にできて、実際に効果があったのでご紹介します♪ 
 
単に座り方を変えるだけです^^ 
以前はイスに座るときに足を組んですわっていたのですが、この座り方は大抵どちらの足を上にするかが、その人によって決まっていて、骨盤やひいては骨格のゆがみにつながるそうです。

私の場合はいつも右足を上にしていました。

この座り方は一切、キッパリやめてしまいました。

「つい足を組んでしまって、もうクセだから直らないよ」
 という人もいますが、

 最初からあきらめないで
(というより、しない人の方が完璧主義なのかも?)、
最初は

「足を組んでいることに気がついたら直す」

ということから初めてくださいね。

そして骨盤を締める座り方を日常生活に取り入れます。

左右の膝をくっつけて、左右のつま先をそれぞれ外側に向けて座るだけです。

つま先を少し外側に向けるというところがミソです。

試しにつま先を内側に向けると、太ももの内側が楽になります。

これは鍛え方が足りないということでNGです。

つま先を外側に向けると太ももの内側やスネの筋肉が鍛えられるのが、感触としてわかるかと思います。
なのでいちいち、つま先をどっちに向けるんだっけ? 
と覚える必要はありません(*^^*)
 
どちらもやってみて、より筋肉が鍛えられる方が正解です。

 
私の場合は車に乗せてもらった時だけ、このつま骨盤を締める座り方に変えました。

 子供の保育園の送迎や買い物
(運転は私の父で、私は後部シートに座っているだけなので、
できるダイエット方法なのですが)のときに、
いつもこの座り方にしています。

1日に15分ほど、意識して膝をつけて座っていることになります。

最初は結構、大変です。

太ももの特に内側がプルプルふるえるほどです。
 
最初はつらくても短い時間でもいいから続けてみてください。

私の場合は「車の中だけ」という我慢する時間を決めていたので続いたのかも。

1週間ぐらいで慣れてつらくなくなりました。

体重も自然に減りました。

そして2週間後、骨盤締め座りはちっともつらくなくなり、日常生活のなかに定着。

体重の方は2週間で2キロ減りました。