荒木裕先生について。

なぜ
カロリー制限、粗食では健全に痩せられない。

なかなか独学では、ダイエット情報が氾濫しすぎていて、振り回される

ガマン。お腹が空く。ドカ食い。

ちょこちょこ痩せては、ドカーンと太ります。

食べたい。ガマンできない。自己嫌悪、という方は非常に多いです。

なに
荒木裕先生について

どのような教材か?

教材の特長は

荒木先生の書籍などを読むと最初の説明が大切だそうです。

なるべく炭水化物を減らしてくださいと言われる。

ガマンする。しかし空腹に耐えかね、ドカーンとたべてしまう。

お腹が空いた時は、たんぱく質のものを食べてくださいの、一言を言ってあげないとダメ。

どうやって
ひまわりの場合はこうした。体験談

その結果
体温が上がり、眠気だるさが軽減した。

今すぐ
荒木式で効果をすぐに出すためには

常備しておきたいもの。卵、豆腐、納豆。
肉類も。
プロテイン ぜひ買ってください。

【荒木式】断糖肉食ダイエットは一言で言えば、

欲と真っ向勝負で戦い、キレキレの体を手に入れる!

「マジですか!!!」
と口をあんぐり開けるほど衝撃的な内容でした。

野菜すらも糖が多い。

「野菜を食べなさい」と洗脳されているのかも?

GI値の高い野菜は太るとはよく言われています。
ジャガイモ、サツマイモ、かぼちゃ、大根など。

味がしみしみの煮物はおいしいです。
私などは、しょう油、みりんに砂糖も入れてましたし。

あとは果物もガマンです。これを書いている今、柿、梨、桃が出回っています。

断糖がまずどこまでできるのか?

断糖生活は果たして辛いのか?

ちょっと心配でした。

荒木先生のお話を家にいながら、好きな時間に何回でも聞ける。というのが、この教材のポイントです。

疑問にも細かく答えています。

筋肉を栄養面で養う方法。

代謝が上がり、食後は汗ダラダラ。

体温が低いのも悩みでしたが、断糖を実行することで徐々に改善されました。

人間の歴史を振り返っても、こんなに炭水化物を摂取して、体を動かさないでいい時代はありませんよね。

そう言えばサラダを食べている時期はまったくといっていいほど痩せませんでした。

肉、魚介類、卵、豆腐を食べる食生活に切り替えます。

崇高クリニックでも提供しているスイーツの作り方もあります。

初日

実はNG野菜も家にあるので、使っています。

味付けで、みりん、砂糖はやめてみました。

断糖ではありません。少なめに減らしました。

朝、ご飯少なめ(茶わん半量)+納豆
昼>豚肉細切れとキャベツの炒め。少量のしょう油・ごま油使用。塩コショウを中心に味付けご飯はなし。

昼食後、眠気だるさに襲われることが多いのですが、全く眠気が生じず、家事でキビキビ体が動きます。

特に牛肉は食後に汗をかきます。

荒木先生は糖尿病の方の食事指導を行っています。

しっかり食事をとってもデザートは「別腹」とか言いますが、本当に根拠がある言い方だそうです。

満腹中枢の説明。

ただひたすら断糖の必要性はわかるものの、白米大好き、デザート大好きな人にとって断糖は非常に難しい。
継続するには、どうするか?

デザートの作り方もあり、フォローはなされていますが、とにかく断糖を意識しないといけません。

職場で飲み会食事会が多い人、肉が苦手な人には、ダイエットを継続することはちょっと難しい印象を受けました。

運動については、これといって説明していない。

食べてはいけない物が多いです。

野菜、コーヒーも糖が入っています。

【荒木式】断糖肉食ダイエット